BLOGブログ

フッ化水素酸とフッ化物塗布剤

972FE5BE-AB64-457C-A297-4464DD136D5A.jpeg0317
 こんにちは!葛飾区、立石の歯科医院、ニコデンタルクリニック、歯科医師の後藤です。今回は最近患者様よりご質問あった内容にお答えしたいと思います。
  今から35年前、痛ましい事故が起きました。歯科医院で塗布するフッ素ですが、それを誤ってフッ化水素酸をお口で使うという暴挙のあまり、お子様が亡くなってしまう医療事故が起きました。
  これは本来、技工物すなわち金属などの被せ物へ使う薬品と口腔内に使うフッ化物を混同して使ってしまったところにあるわけですね。
この二つは用途が異なる別物であり、フッ化水素酸はマスク着用の上、防護手袋を使って扱う危険な薬物です。
 一方で、口腔内でフッ素塗布で使う薬品はフッ化ナトリウムと言います。当院では2%フルオール・ゼリーというものを使っており、死亡事故のあったフッ化水素酸とは別物です。使用用途として歯ブラシに塗布し口腔内に歯磨きするように術者磨き致します。
  ですから、口腔内で使うフッ素と死亡事故の起きたフッ化水素酸とは全くの別物で、フッ素で死亡すると言った間違った認識を是非改めて頂きたいです。さらに申し上げますと使用範囲の限られるフッ化水素酸を歯科医院で置いておくところはそうそうないかと思われます。
 次回は歯磨き粉のフッ素がなぜ虫歯になりにくくなるのかお話ししたいと思います。



ニコデンタルクリニック
東京都葛飾区立石2-26-17
03-3693-2880
www.nico-dent.jp

PAGETOP