BLOGブログ

キシリトールの効果

BFA7AAF0-0793-4C51-A730-F2429492D660.jpeg0322
こんにちは!
葛飾区立石の歯科医院、ニコデンタルクリニック スタッフの柳沼です!(^^)

 前回はキシリトール入りのおかしをご紹介しました。
キシリトールが歯に優しいということは皆さんもご存知かと思いますが、今回はキシリトールにどのような効果があるのか詳しくご紹介します。

①砂糖と違い、虫歯の原因にならない
 虫歯の原因となるミュータンス菌はショ糖を分解して、歯を溶かしてしまう酸を作ります。しかし、ミュータンス菌はキシリトールを分解しても酸を作り出すことができないのです。継続してキシリトールを摂取することで、この効果が期待できます。

②虫歯菌の性質を変える
 虫歯菌の原因となるミュータンス菌はキシリトールを代謝できないため、酸やプラークの元となる不溶性グルカゴンを作り出しません。しかし、ミュータンス菌はキシリトールを取り込んで酸を作り出そうとし続けるので、次第にその働きが弱ってくると考えられます。

③プラークの性質を変える
 ミュータンス菌の働きが弱ってくることで、プラークの生成も抑制され、プラークが剥がれやすくなります。
プラークが減ることで、お口の中を清潔に保てるようになります。

④プラーク中のpHを下げない
 通常、私たちのお口の中は中性の状態でpH7.0近辺に保たれていますが、食事や間食を摂取するとpH5.5以下になり、酸性に近づいてしまいます。歯の表面のエナメル質はpH5.5以下になると、徐々に成分が溶けだし脱灰を起こします。これが虫歯の始まりです。しかし、キシリトールを摂取してもpH5.5まで下がらないと知られています。

⑤唾液の分泌を促進する
 唾液はキシリトールの甘味によって味覚が刺激されます。また、キシリトール入りのガムを噛むことで唾液の分泌量が増えます。唾液の分泌量が増加することで、浄化作用が多く働き、虫歯予防を期待できると考えられます。

 上記のように、キシリトールには沢山の効果があります。何よりも甘くても虫歯になりにくいというのは嬉しいですね!
キシリトールを継続的に摂取して、お口の中の機能を上げていきましょう(^o^)



ニコデンタルクリニック
東京都葛飾区立石2-26-17
03-3693-2880
www.nico-dent.jp


PAGETOP