BLOGブログ

虫歯の進行について

6/F376690D-FFBA-4947-841B-5C6D177B3858.jpeg6/2
こんにちは!
葛飾区、立石の歯科医院、ニコデンタルクリニックの歯科医師、後藤です。

   前回は、唾液の作用についてお話ししました。唾液は歯を守る有効成分が含まれていることをご説明致しました。今回は、虫歯の進行と処置についてご説明したいと思います。
 一般に、乳歯においてお話します。小さい虫歯にはレジンという詰め物で治します。また、虫歯が歯の神経に近いほど歯の神経を抜く治療が必要になります。これは細菌の進行によって起こりますので、進行状況に応じて早急な処置が大事になって参ります。
  診査としてはまずは虫歯によって穴が空いているか、虫歯の徴候として、着色などがあるか丁寧に診査致します。状況に応じてレントゲン写真をおとりすることもあります。一般に虫歯が進行しているとレントゲン上で黒く染まって見えます。
特に虫歯の好発部位として歯と歯の間の虫歯が多くそこからの進行が多くございます。
  その対策として糸ようじ、フロスがお子様でも必要になってくるわけですね。
 次回は歯ブラシの選び方についてお話したいと思います。



ニコデンタルクリニック
東京都葛飾区立石2-26-17
03-3693-2880
www.nico-dent.jp

PAGETOP