BLOGブログ

エナメル質減形成について

9BDD09B9-8020-461E-B61D-EE2F683E8C3B.jpeg6/9
 こんにちは!葛飾区、立石の歯科医院、ニコデンタルクリニックの歯科医師、後藤です!
  梅雨が本格的に始まり、ジメジメとした季節が始まりましたね。食欲落ちてはいませんでしょうか?

前回は虫歯の進行についてお話ししました。今回は患者様からのご質問から一つご説明したいと思います。
 皆さんエナメル質減形成という言葉お聞きしたことございますでしょうか。簡単に申し上げますと、歯を形成する最も外側の層にエナメル質という骨よりも硬い層がありそれによって色々なものをわたくしたちは噛めるのです。
 エナメル質減形成の原因としては、局所的要因と全身的要因の二つが挙げられます。局所要因としては乳歯の虫歯が進行しその後の永久歯に影響が出る場合、外傷による影響などがございます。全身的要因としては、栄養失調やホルモン不足の影響などがございます。
対策としては虫歯にならないようにしっかりしたブラッシングとフッ素塗布による歯質の強化が大事になって参ります。

  次回はお子様のお口の歯の異常についてお話ししたいと思います。


ニコデンタルクリニック
東京都葛飾区立石2-26-17
03-3693-2880
www.nico-dent.jp

PAGETOP