BLOGブログ

正常咬合とは

こんにちは!
葛飾区立石の歯科医院、ニコデンタルクリニックの歯科医師、後藤です!
 外はめっきり寒くなってきて、コートが手放せなくなる季節と参りました。風邪などひいてませんでしょうか?こんな時は温かい飲み物や温かな鍋が美味しい季節となりますね。
 今回は正常咬合についてお話したいと思います。
 正常咬合とは、矯正学においていくつか種類があり、矯正学で目指すのは個性正常咬合であり、個人によって異なった個性的な正常咬合であり、個体ごとの歯の大きさ、形態、植立状態、顎骨の大きさを考慮にして考えます。すなわち一人一人で正常咬合が異なるわけです。正常咬合を維持する条件には、歯の大きさと形態の調和、歯と正常な咬頭と隣接面の接触関係、歯周組織の健康、顎骨の正常な形態と発育、顎関節の正常な形態と機能、筋の正常な発育と機能があります。
 特に咬合の保持において歯列を正しく並べるには筋肉のバランスが大事であり、一つの考え方にバクシネータメカニズムがあります。これは舌とお口周りの筋肉である口輪筋、頬筋などの筋肉の調和によって歯列が正常に保たれているとの考え方であります。正常咬合にも色々な状態がありますね。
ニコデンタルクリニック
東京都葛飾区立石2-26-17
03-3693-2880
nico-dent.confirm-webdwarf.com

関連記事

PAGETOP